カラコン

レーシックは何歳でも受けることができるの?

レーシックは成人している方であれば受けることができる視力回復法です。
まだ子供の場合は受けるのはあまりオススメできません。
人間の体は成人するまでずっと成長を続けています。

あまり違いが分からない方も多いと思いますが、実は眼もずっと成長をしています。
したがって、子供の時にレーシックを受けたとしても、その効果が無くなってしまう可能性は大きいです。
近視の方の場合は、大人になるまでずっと視力が下がり続けることが多いです。

その時の視力の状態に合わせてレーシックは行われるので、視力が安定する年齢まで待つ必要があります。
また、人によってどの程度の視力が必要であるかは異なります。
したがって、大人になるまで待ってみるのは一番良いのです。

大人になり、視力が安定してきたときに、自分はどの程度まで視力を回復させたいか本人が決めましょう。
大人になってからレーシックを受ける方が、それ以降ずっと視力が良い状態をキープできるようになります。
18歳以上であればどのようなクリニックでも断られることはないでしょう。

ただし、視力の低下は25歳ぐらいまで続くこともあります。
したがって、成人したばかりの人でもまだまだ視力が下がる可能性のあることは理解しておきましょう。
これ以上視力の下がることが無いという状態に達するまでレーシックを受けるのはお預けです。

また、どのような年齢の方であってもレーシックを受ける前には必ず医師のカウンセリングを受けましょう。
たとえ受けることができる年齢だったとしても、それ以外の要因によりレーシック手術をすることを認めてくれない場合もあります。
手術が受けられる条件はhttp://xn--z-4euxa2cxmpd.com/05.htmlにまとめられていますので参考にすると良いでしょう。
あなたの身体的な状態や眼の状態を総合的に判断して、医師はレーシックを受けさせても良いかどうかを決めます。

医師の指示には絶対に従うようにしましょう。
また、未成年でもレーシックを受けさせるようなクリニックはあまり利用しないほうが良いでしょう。
患者のことを考えているならば、成人している方にしかレーシックを受けさせないのが普通です。

こちらにはレーシックのデメリットが載っています。
メリットだけでなくデメリットの情報もしっかり調べてからの検討をおすすめします。

Copyright(C) 2013 視力維持には欠かせない手術 All Rights Reserved.