カラコン

レーシックではどのような手術を受けることになるの?

レーシック手術を受けると視力が良くなることはたくさんの人が知っています。
最近では芸能人やスポーツ選手の中にもレーシックを経験したことのある人が増えていて、その効果に満足しているという話しを聞く機会は多いです。
しかし、レーシックが具体的にどのような内容の手術であり、どのような原理によって視力が回復されるのかを知らない方も多いと思います。

レーシックの仕組みや由来はこちらにかいてありますが、
ここでは、レーシック手術の方法について紹介しましょう。
レーシックと関係があるのは角膜です。
目の中には角膜という部位があり、この部分が光を屈折させています。

視力の悪い人は、この角膜の働きがおかしくなっているのです。
それを治すために、角膜を削る作業が必要となります。
それをするのがレーシックなのです。

角膜を削ると聞くとかなり怖いイメージを持たれる方も多いでしょう。
しかし、レーシックではレーザーを用いて角膜を削ります。
きちんと計算をして、余分な角膜のみを削り取ります。

レーザーを照射するだけであり、痛みはありません。
角膜を削ることによって、光がきちんと網膜で焦点が合うようになります。
つまり、ピントを合わせることができるようになるのです。

削り取るのはほんの僅かな部分だけです。
肉眼で確認をすることは不可能なぐらい微妙な作業となります。
レーザーを使うことによって、このような細かい作業ができるのです。

レーシック手術にかかる時間はわずか15分ほどです。
したがって入院をする必要は全くありません。
そのまま自力で家まで帰ることができます。
きちんと点眼麻酔を用いて手術をするので、痛みがなく安心して手術が終わるのを待つことができます。

手術跡が残るような心配もありません。
詳しい手術内容に関しては、医師に質問をすればきちんと答えてくれるでしょう。
原理的なことまで知りたい場合でも、詳しく説明をしてくれます。
またインターネット上でも様々な情報を集められるので、自分でも調べてみましょう。
レーシックの失敗例や危険性についてはこちらのサイトに詳しく載っています。

Copyright(C) 2013 視力維持には欠かせない手術 All Rights Reserved.